クーリングオフ方法|人気サロンの料金や評判を集めた情報サイト

HOME   >   クーリングオフ方法

クーリングオフ方法

クーリングオフについて

迷う女性 クーリングオフとは、一定期間、無条件で申込みの撤回や契約解除ができる制度です。
エステでは、金額が高額になる場合が多く、クーリングオフが基本的には可能です。
契約金額が5万円を超え、かつ契約期間が1か月を超えるもの。
申し込みから8日以内のものと条件が決まっています。
クーリングオフに関して口頭や書面で説明したり、ホームページ上で明記をしているサロンが多いので必ず確認をしてください。

契約をするにあたっては、本人の意思確認を必ず行います。サロンとお客様との合意のもとに契約は結ばれるのです。
ただし、なんとなくその場の雰囲気で断りづらかったと後悔する場合もあるでしょう。「担当者の話が上手で断りにくかった」「エステ体験後の気持ちの良さで、つい予算オーバーの契約をしてしまった」など自宅に戻って冷静になってみたら、契約するつもりはなかったのに…と感じるとき、解除することができます。

クーリングオフが成立すると、契約が初めからなかったことになりますので、支払代金は全額返金されます。
化粧品などの購入物も相手側負担で返品することになります(自分の意志で開封してしまった場合は無効です)。

書面で手続きを

クーリングオフの手続きは、書面で行います。
サロンへ契約解除の通知を郵送しましょう。
ローンを契約している場合には、信販会社への通知も必要です。

書面のコピーを取り、配達記録や簡易書留で郵送します。
郵便局で日付スタンプが押された時から、クーリングオフの効力が発揮されます。
書面のコピー、郵便局の受領証などは必ず保管しましょう。

クーリングオフは電話や口頭で契約解除の意思を伝えても適用されません。
書面で残すことでサロンとのトラブルを避けることにもなります。

もし、クーリングオフが自分だけでは不安がある時は、最寄りの消費者センターへ相談しましょう。

クーリングオフの期間が過ぎてしまっても、中途解約をすることもできますが、その場合は一定の解約料が発生するケースもあります。
中止する場合には、なるべく早いタイミングで行うのが良いでしょう。

便利なインターネット予約